令和2年度スケジュール

令和2年4月5日(日)09:00~

春夏野菜の種まき

 

令和2年度の最初の活動「春夏野菜の種まき」が前回同様、コロナシフトになり、保護者も子ども達も活動回避してもらい、池上野菜くらぶ役員5人の最少人数で実施しました。

今年も昨年同様「ミニトマト、キュウーリ、ピーマン、ナス」と「長マメ」に変えて「オクラ」の5品目を、皆マスクをかけながら40分程度で早々に終了しました。

明日からは毎日の「水やり」がスタートしますが、逆に保護者の方からの要望があり、「子ども達の息抜きになれば」ということで、いつも通りローテーションで実施してもらうことにしました。約1ヶ月間子ども達と一緒に、野菜達の生長を観ながら頑張ってもらいたいと思います。

5月6日は、この生長した「苗の植え付け」になっていますが、予定としては開校前日にあたり、全員参加で久々の活動が可能かどうかは、今後のコロナの行方がどうなるか状況を見ていくしかないと思われます。

令和2年5月9日(土)09:00~

​春夏野菜の植え付け

​やはり予想通り「緊急事態宣言」は延長になり、学校の開校日も延期となりました。

 

苗の生長も気温の関係か未成熟なため6日を10日に延期しましたが10日は雨模様の為、9日の朝9時、10時、11時とコロナシフトで3班に分けて「苗の植え付け」を実施しました。

​子ども達も久しぶりのため、楽しそうに夏野菜5種類を各4本づつ、計20本を植穴に植え付け「小さな生命を育む活動」が出来たようです。保護者の皆さんも久しぶりのようで、新学年のことや今後のことについての会話が交わされていました。

コロナ問題の事態としては少し明るい兆しが見え始め、近々学校登校も始まって来るのではないかと期待されます。私たち自身も初めての経験であり、新1年生は入学式もなく、約3ヶ月間家での自粛生活であり、可哀想でなりません。一日も早く「学びの保障」を実現して頂きたいと思います。「子どもの未来は日本の未来」。

令和2年5月24日(日)09:00~

​春夏野菜の支柱立と誘引作業

​​5月25日にも「緊急事態宣言の全面解除」が予定される中、子ども達は来週から、分散登校を重ねながら、一日も早い一斉登校を待ち望んでいるものと思います。

今日は「種まき」からローテーションで「水やり」を経て、35日目に畑に「苗の植え付け作業」。そして16日目の今日、「支柱立と誘引作業」を実施しました。

 

まだ少し、苗の生長状態が良い状態ではないので誘引作業は後日に生長状態を観察しながら、各自実施してもらうことにしました。

令和2年5月29日(金)15:00~

玉ネギ・ジャガイモ掘り

活動予定日は6月7日(日)でしたが、早目の梅雨入りが予想されたことや玉ネギ・ジャガイモの生長も十分なので

、保護者代表とも相談の上10日前倒しで、自粛生活の最後の平日午後3時から実施することにしました。

子ども達は全員参加で、収穫の時は何時もではありますが、喜々として与えられたショッピング袋3袋にジャガイモ・玉ネギを目いっぱいに詰め込んでいました。

保護者の皆さんも3か月に及ぶ家族の自粛生活での食材としても少しは応援になったのではないかと感じました。

​いよいよ、来週からは通常の学校生活に段々と戻っていくと思いますが、コロナショックの傷跡は深く、以前の状態にはほぼ戻ることはないと思われ、私たち自身が「新たな生活様式」を確かなものにしていかなければならないと思われます。

なお、夕方からの池上コミュ二ティセンターでの恒例の「収穫祭」は時節柄、各家庭で「楽しい・美味しい収穫祭」を実施してもらうことにしました。

令和2年6月28日(日)09:00~

田植え

​年間スケジュールでは21日(日)に予定していましたが、地域の水利の関係で28日に延期になりました。

今日は昨夜の大雨がウソのような夏空の快晴に恵まれ、恒例の「田植え」を実施することが出来ました。周辺を見渡しますと地域では最後の「田植え」のようでした。

今年も女子会の田植えとなりました。Y家の奥さんに陣痛がおき、急遽お休みとなった外は全員出席となりました。子ども達も皆、ベテランの域に達し、約4aを1時間程度で終了しました。

お互いにふざけることもなく、黙々と「苗植え」が出来ました。

屋外活動で3蜜にはならないのでマスクも無しに活動致しましたが、何か起きたら責任回避は逃れられませんので、内心不安に思うこともあります。

コロナシフトとしての「自粛要請」は全て解除されたものの、主催者としては「新しい日常」のマナーは、心掛けながらの活動に留意しなければと思っています。

また、3ヶ月にも及ぶ長期休校に伴う、今後の子ども達の「学びの保障」の妨げにはならないだろうかとも思ったりします。

しかし、今日は久しぶりに、裸足で泥んこになり、楽しいひと時ではなかったか思います。

 

令和2年7月5日(日)09:00~

夏野菜の生育管理

夏野菜の生育管理と収穫が結構コマ目に出来ているようで、今回は各家族の都合に合わせて自由に生育管理をお願いしました。

令和2年8月23日(日)09:00~

稲の生育観察(各自観察)

この日は学校行事と重なったことや、熊本も九州では福岡に次いでコロナ禍が拡大中であり、集合しての観察は取り止め各自の都合に合わせての「稲の生育観察」に変更しました。

 

「田植え」から2ヶ月後の「生育観察」をして見たい子ども達は

各自メジャー持参で

①背丈は1メートル位にはなったかな?

②株の本数は30株位にはなっているかな?

③田んぼの神様に感謝する意味で「神聖」という素晴らしい花言葉を頂いている「小さな白い花」をひょっとすると観察することができたかな?

 

このようなことを夏休みの課題としても取り組んでもらえたら良いと思い「各自観察」ということでお願いしました。

​今年は少し背丈が小さかったようで、「小さい白い花」も少し時期が早かったようです。梅雨の長雨で光合成が足りなかったのかも分かりませんね。

 

写真は林蘭ちゃんと琉生君の各自観察の様子を提供して頂きました。有難うございました。

​NEW

令和2年9月15日(火)14:00~

春夏野菜の撤収作業と理事会・スタッフ会議

「春夏野菜の撤収作業」は9月6日に予定していましたが、やはりコロナ禍でもあり「各自撤収」にして、13日までに各自の都合に合わせて作業をしてもらうことにしました。そして15日14:00からはスタッフのみでマルチング除去や耕耘作業をして原状に復しました。

その後、「理事会・スタッフ会議」を開催し、今後の「池上地区における通年型農業体験活動の在り方」について各々意見交換を致しました。やはり、皆さんの総意としては万が一にも子ども達がコロナ感染しクラスター発生というような事態は回避しなければならないということでした。

従って、今後の活動としての9月22日の「秋冬野菜の直播き」は中止にし、「稲刈り・掛け干し」「脱穀・籾すり」はスタッフのみで実施して、収穫できた「5㎏の新米」は11月23日の「新嘗祭」までに各家族にお届けして、家族で「新嘗祭」を楽しんで頂くことにしました。