今、日本はかってない教育の危機の時代といわれています。

 昨年7月の「子どものデジタル環境に関する意識調査」によると、小学生では平日6時間、中学生では平日7時間もスマートフォン等の電子機器を使用しています。また、近年の博報堂の調査では、子ども達の欲しいもののベスト3として「1位、お金」、「2位、いい成績」、「3位、時間」という驚く結果であります。そして今日、子ども達の放課後の世界に体験格差が生まれ、そのことが学力格差も生み出しているといわれ、子ども達の「育ちの環境」は私達大人の経験・体験からすると大変憂慮すべき状況であると思われます。

 他方、私達の居住しているこの日本の国は、世界に冠たる森の国であり、その恵みを豊かに蓄えた肥沃豊饒の瑞穂の国でもあります。「農業は教育の原点」という言葉がありますが、「農の営み」に何らかの教育力をイメージした元祖はJ.J.ルソーだといわれています。

 

NPO法人 子ども未来研究機構

理事長   古 川 泰 通

 そこで、私達は26年度に、子ども達にとって「徳育・食育の救世主」としての可能性を大いに秘めている通年型の農業体験活動を、小学校区の社会貢献活動に意欲的な地域諸団体や、地域企業、篤農家などの地域コミュニティが中心となり、自主的な運営・指導体制を構築しながら持続的な展開が、可能なプログラムの調査研究に取り組みました。

 具体的な展開イメージとしては、毎年3月から12月まで月2回の18日程度、1日約2時間、保護者も一緒に「生命の根(イノチノネ)」といわれる稲作はもちろん、多彩な春夏野菜、秋冬野菜などあくまで地域の特性を踏まえた通年型の体験活動であります。

 その主役は、小学生の児童であり、本来親や先生から、あるいは地域の方々からも、愛情いっぱいに育てられる側の子ども達が、この体験活動では逆に、自分よりもはるかに小さい「種」から「収穫」まで、自分が育て上げる立場で、長い時間面倒をみなければなりません。このような体験活動を通して、子ども達は必ずや「小さな生命を思いやる心」、「収穫時の達成感・成功感」、「天候等の自然との折り合い」、「食べ物の大切さ」、「感謝の心」など多くのエッセンスを学び取ることが出来ると思います。

 私達は、「子どもの未来は日本の未来」という想いで「生命を粗末にしない、健やかで思いやりのある豊かな人間性、そして生きる力を身に付けた、自立心旺盛な逞しい子ども達」に育って欲しいと切に願っています。この取り組みが内外の多くの子ども達の「徳育・食育の向上」の一里塚になれば望外の幸せです。

 何卒、子ども達の未来のために、心ある皆様の絶大なるご支援ご協力をぜひとも、賜りますよう心からお願い申し上げます。

                                                                                                        平成27年3月8日