平成24年6月3日

 設立総会

 

平成24年8月31日

 熊本市長より認証(平成24年6月29日申請)

 

平成24年9月12日

 NPO法人子ども未来研究機構設立登記

 

平成24年9月15日~24年9月17日

 国立夜須高原青少年自然の家で開催された文部科学省委託事業「自然体験活動指導者研修会」へ2名参加   

 

平成24年11月2日

 NPO法人子ども未来研究機構設立記念フォーラム開催

「豊かな人間性を育む通年型農業体験施設の必要性とそのあり方」

 結論:「熊本地域の子ども達の未来のために、モデル地域等を想定しながら、具体的な調査研究を重ねて、子ども達の社会性や豊かな人間性の涵養のため、しっかりとした教育プログラムに基づいた、熊本初の通年型農業体験施設の在り方や、その運営システムの企画提案に努力すること」

 

平成24年11月下旬

 NPO法人子ども未来研究機構の理事会で、設立記念フォーラムの結論を次年度は重点的に取り組むことを確認

 

平成25年2月下旬

 熊本市教育委員会と池上小学校へ計画案の説明と協力要請

 

平成25年3月下旬

 NPO法人子ども未来研究機構理事会で、池上校区をモデル地域として、池上小学校の児童を対象に希望者による「池上野菜くらぶ」を設け、先行活動として当初は米作りを主体としながらも「徳育・食育」に資する通年型の農業体験活動を目指すことを確認

 

平成25年4月下旬

 NPO法人子ども未来研究機構名で池上小学校を通じて、「池上野菜くらぶ」の募集案内を開始

 

平成25年5月下旬

 NPO法人子ども未来研究機構通常総会で、池上地域における通年型農業体験活動を正式に25年度事業計画の中で決定

 

 

 

平成25年6月下旬

 通年型農業体験活動のスタートとして児童・保護者による「池上野菜くらぶ」・NPO関係者で初めての「田植え」を実施(子ども達は泥んこになり、大喜びの表情、それを横目で親も満足気味)

 

平成25年11月17日

 NPO法人子ども未来研究機構「シンポジウム第2弾」を開催

 「熊本アグリキッズのための通年型農業体験活動プログラム」

 

平成25年11月23日

 新嘗祭の日に、新米を全家庭に配付し、各家庭で賞味してもらう。NPO関係者(正会員、賛助会員)にも全員配付

 

平成26年4月下旬

 『自然は偉大なる先生「徳育・食育の救世主」熊本アグリ塾体験活動プログラム』開発研究会を発足し、月1回開催で10回目が最終回

 

平成26年5月下旬

 通年型農業体験活動2年目として、春夏野菜の苗を植え付け、この後、12月まで月2回程度の体験活動スケジュールで通年型を目指す

 

平成26年6月下旬

 2回目の「田植え」を実施(2年目なのか、要領よく、手際よく終了)

 

平成26年10月下旬

 2回目の「稲刈り・掛け干し」を実施(学習効果もあって、上手にのこ鎌を使い短時間で終了)、この後、昨年この田んぼから収穫した、白米で「おにぎりランチ」を自然と一体となった空間で実施。30数名で、140個のおにぎりを完食。自分たちが「育て、収穫」したものを、汗を流した後にその場で食べたことが格別の味だったようだ

 

平成26年11月下旬

 初めての試みとして、新米を使って「カレーランチ」を児童・保護者、NPO関係者40数名で、新嘗祭の日に開催した。併せて、保護者との懇談会も初めて実施し、我々の取り組みに対しての理解を頂いた。この日に、全員に5キロの新米を配付した。

 

平成26年12月初旬

 年内最後の体験活動として、約1500本の「玉ネギの植え付け」を実施。約1年半程度の試行錯誤の通年型農業体験活動を振り返り、また、今後のプログラムに活かすため、初めてのアンケート調査を子どもと保護者に対して実施した。

 

平成27年3月3日

 『自然は偉大なる先生「徳育・食育の救世主」熊本における通年型農業体験活動プログラム』研究レポートが纏まる。